フケのケア方法

フケは量が増えると外見的に目立ってしまうため、とても気になるものです。
ここではフケのケア方法についてご紹介しています。フケが気になっている方はぜひチェックしてみてください。

フケのケア方法

フケの原因」のページでもご紹介したように、フケが生じる原因は様々です。
ここでは、フケが生じている原因別のケア方法をご紹介します。

 

角質の活発な新陳代謝が原因でフケが生じている場合

角質が生まれ変わるサイクル(新陳代謝)が盛んになってしまうと、フケがたくさん生じてしまいます。
角質の新陳代謝が活発になってしまう原因は一体なんなのでしょうか?
それは「頭皮の汚れ」です。
これを解消するためには、ポイントを抑えたシャンプー法が重要になります。

オススメのシャンプーの仕方
頭を洗う前にブラッシングを行い、指どおりをスムーズにします。
まずはシャワーで1分から2分程度頭をすすぎ、汚れをしっかりと落としておきましょう。
シャンプー剤を適量手に取り、少量の水を加えて泡立てます。
十分に泡立ったら頭皮に移しましょう。
爪を当てないよう、指の腹を使って頭皮をしっかり洗います。
頭皮を柔らかくするイメージで。
髪の毛も泡で優しく洗います。
シャンプーをすすぐ際は、頭皮を中心に十分にすすぎ落とします。
シャンプー剤とマッサージによって、汚れが浮いているだけの状態ですから、しっかりとすすぐ必要があります。
おまけ
リンスやトリートメントを行う場合は髪の毛の半分から毛先までの髪ににつけるようにし、頭皮には付かないよう気をつけます。
これらは多くの油分を含んでいるので毛穴を塞ぎやすく、またニキビなどの原因となることもあるのです。

過剰な洗髪も良くありませんが、洗髪が不十分なのもフケの原因となるのです。
シャンプーは洗浄力が強すぎないものを選び、十分に頭皮をキレイにする必要があります。
シャンプー後はしっかりと髪の毛を乾かすことも大切です。

 

皮脂の過剰分泌が原因でフケが生じている場合

皮脂が過剰に分泌されてしまうとそれを栄養源とするカビも繁殖しまい、フケが増加します。
そのため、皮脂を過剰に分泌させないことが大切なのです。
皮脂を過剰に分泌させないために重要なことは、ストレスを減らす規則ただしい生活習慣を心掛けることです。
ストレスは皮脂の過剰分泌だけでなく、様々な疾患を引き起こす原因となるもの。
ストレスの解消につとめ、またストレスをためる必要のない環境に身をおくことがベストです。
また、睡眠不足もストレスの原因となります。
睡眠は皮脂の過剰分泌だけでなく、髪の毛も日中に受けたダメージを回復するために必要な時間ですので、十分な睡眠時間の確保を心掛けましょう。
食生活の乱れも皮脂の過剰分泌を引き起こしやすくなるため、バランスの取れた食事を心がけ、さらにビタミンB1が不足しないように注意しましょう。

 

病気が原因でフケが生じている場合

まずは治療を優先させましょう。
その症状に応じた治療方法が行われます。