頭皮ケア.com頭皮の基礎知識頭皮・髪の毛に関する病気>壮年性脱毛症(そうねんせいだつもうしょう)の症状・原因・治療法

壮年性脱毛症の症状・原因・治療法

壮年性脱毛症では、思春期以降、額から頭頂部にかけて髪の毛が細くなって次第に抜けていきます。
ここでは壮年性脱毛症の症状や原因、治療方法をご紹介しています。

壮年性脱毛症の症状

壮年性脱毛症とは、10代の半ばから40代半ばにみられる男性型脱毛症(AGA)のことです。
一般的に前頭部や頭頂部に抜け毛や薄毛の症状がみられるもので、加齢とともに発症率は高くなります。

 

壮年性脱毛症の原因

壮年性脱毛症では遺伝や男性ホルモンが関わっているのではないかと考えられていますが、詳しい原因は分かっていません。

 

壮年性脱毛症の治療方法

フィナステライド用いた薬物療法や、市販の育毛剤などを用いたケアを行うことが多いようです。また、植毛やカツラなどの方法もあります。

 

 

頭皮・髪の毛に関する病気の一覧に戻る