フケ症の症状・原因・治療法

頭を掻いた時にパラパラとフケが落ちてきたり、頭を掻いた爪の中にフケが詰まったりする方は「フケ症」かもしれません。
ここではフケ症の症状や原因、治療方法をご紹介しています。

フケ症の症状

フケ症は「乾燥型」と「脂漏型」に分けられ、乾燥型の症状は、頭皮を掻いた際、下を向いた際などにパラパラとしたフケが落ちてきます。
脂漏型の場合フケはベトベトしていて、頭を掻いた際に爪の間にフケが詰まります。
頭皮の皮脂の臭いが強く感じられることもあります。

 

フケ症の原因

乾燥型のフケ症の場合、原因の多くが「洗髪のしすぎ」とされています。
保湿に必要な皮脂を過剰に洗い流してしまうことで頭皮が乾燥し、フケが生じてしまうのです。
脂漏型の場合は主に皮脂を栄養とする癜風(でんぷう)菌が多量に発生することが原因とされています。
癜風菌は健康な人にも存在する常駐菌ですが、皮脂が過剰に分泌されることによって、この皮脂を栄養源とする癜風菌が増えてしまうことが原因です。

 

フケ症の治療方法

まずはシャンプーを低刺激性のものに変え、洗髪しすぎないようにします。
皮脂と水分のバランスを保つためにも、洗髪は1日1回程度にとどめましょう。
また、シャンプーする際は爪で頭皮に刺激を与えないよう、指の腹を使って優しくマッサージするように洗い、リンスやトリートメントは地肌にはつけないよう心掛ける必要があるでしょう。

脂漏型の人は皮脂を過剰に分泌させないためにも生活習慣を見直してみましょう。
ストレスや睡眠不足など、生活習慣の乱れは皮脂の分泌を促してしまいます。

これらを改善してもフケ症の症状が悪化してしまう場合には皮膚科を受診します。
癜風菌の過剰発生を改善するために抗真菌薬が処方され、強いかゆみを伴っている場合にはステロイド剤の塗布が必要となることもあります。

 

 

頭皮・髪の毛に関する病気の一覧に戻る